当時、さほど仕事が忙しくない会社にいた私は 定時と共に職場を飛び出し、選手強化のためのトレーニングに 協力する・・・